民族 浄化 ボスニア

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時のイスラム系住民およびクロアチア人に対する虐殺や民族浄化を指揮した「ジェノサイド」の罪で、旧. 当初はユーゴスラビア政府&セルビア人vsクロアチア人・ボシュニャク人という構図でした。 が、クロアチア人とセルビア人の間でボスニア・ヘルツェゴヴィナ分割交渉が行われたことにボシュニャク人が怒り、クロアチア人vsボシュニャク人の衝突も起こってしまいます。 かくして 【セルビア人vsクロアチア人vsボシュニャク人】 という三つ巴・最悪の構図ができあがります。 1994年にアメリカがクロアチア人・ボシュニャク人の間を取り持ち、同盟を結ばせ、この二つの民族の国を作ること、米国が軍事支援をすることも決めて、三つ巴の一変は崩れます。 これを受けてNATOがセルビア人勢力を空爆しました。 しかし、セルビア人勢力は国連保護軍兵士を人質に取ったため、国連保護軍に参加しているイギリス・フランスの反対で空爆が停止。 1995年1月から4ヶ月の停戦が決まったものの、この短期間で戦意や恨みが薄れるわけもなく、期限が切れた後は再び戦闘が始まりました。 有名な大量虐殺「スレブレニツァの虐殺」が起きたのはこのあたりのことです。 セルビア人によるボシュニャク人虐殺ですが、上記の通り、これまでの時代にはセルビア人が被害者だったこともありましたし、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争の間もそれは同じでした。つまり、クロアチア人やボシュニャク人が加害者だったこともあるのです。 ですから、「特定の民族だけが悪い」「より多く虐殺したほうが悪い」という話ではありません。 西側諸国では、わかりやすく正義と悪を定義づけるために、セルビア人を一方的に悪と決めつけていたようですが。 どこで見たのか忘れてしまったのですけれども、一連の虐殺事件の中で「生き残りをわざと見逃した」兵士もいたそうです。 民族 浄化 ボスニア もちろんそれは、良心の呵責からでした。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争で相争ったのが、ごく普通の市民たちだったことがわかる逸話ですね。. ボスニアはかつてユーゴスラピアといわれた国の一部です。第二次世界大戦後、スロベニア、 クロアチア、モンテネグロ、セルビア、マケドニア. 民族 浄化 ボスニア 言語:セルビア語、クロアチア語、スロベニア語、マケドニア語 6. ユーゴスラビアとは、「南スラブ人の国」という意味である。「一つの国家、二つの文字、三つの宗教、四つの言語、五つの民族、六つの共和国、七つの国境線」という言葉で表されるように多様な側面を含む言葉で表現されている。また、旧ユーゴスラビアの紙幣は、セルビア・クロアチア語、スロベニア語、マケドニア語の言葉が、それぞれラテン文字とキリル文字で表示された。 1. 誰が悪いのか? といえば、死後も自身の政策を遵守してくれる後継者を見つけておかなかったチトーに責任がありそうです。自分のやり方が正しいと思っていたならなおの事です。 ビスマルクもそうですが、なぜ一番うまく舵取りをした人間が後継者の重要性に全く気が回らないのか不思議で仕方がありません。 その次に悪いのは、中途半端に空爆をし、国連保護軍を送った欧米諸国ですかね。 中途半端に力を行使してしまったため、人質にされるような武装しかさせず、兵を渦中に放り込んで事態を悪化させると.

ボスニア紛争の理由と国連の対応についてです ボスニア紛争はどうして起こったのですか?また国連はそれに対してどのように対処したのですか? セルビアはセルビア・モンテネグロという国になり、今はそれぞれ別の国になっていますね。クロアチアはずばりクロアチアという国があります. ボスニア内戦当時、サラエボの惨状以上に世界に 衝撃を与えたものがある。ボスニア各地で発生した 「民族浄化」である。その言葉の余りのインパクト の強さゆえに、ボスニア内戦といえば民族浄化とい うイメージが定着してしまった。. Amazonで芳明, 伊藤のボスニアで起きたこと―「民族浄化」の現場から。アマゾンならポイント還元本が多数。芳明, 伊藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

ボスニア紛争下の「見えない子供たち」推定2万人. 共和国:スロベニア、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ 7. 。 最終的な停戦もNATOとアメリカの介入によるものなので、役立たずとはいえないにしても、それとひきかえに失われた人命が多すぎます。 こうして4年に渡るボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争は、 「クロアチア人・ボシュニャク人のボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦」 民族 浄化 ボスニア と 「セルビア人のスルプスカ共和国」 が 「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ”共和国”」 の中に併存するという形で終わりました。 これがデイトン合意です。 現在は3つの民族から1人ずつ代表が出て、大統領評議会を作り、この会全体を国家元首とすることになっています。 評議会の議長が事実上ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国の元首ということになりますが、8ヶ月ごとに順番で交代することが決まっているため、公正な状態が保たれています。 とはいえ、民族主義政党の人気は高いため、完全に和解したというわけではないのですが. See full list on bushoojapan. がとんでもない規模になってしまったのです。. 1992年、ユーゴスラヴィアが解体して行く中で勃発したボスニアの内戦は95年まで続いたが、死者は20万人、難民は200万人も発生した。イスラム教. 宗教:カトリック、セルビア正教、イスラム教 4.

「考えられないほどひどいことと、ずっと向き合ってきた」。北部ツズラの支援団体「ビブジェネ」で性暴力被害者らのケアに当たる心理療法士アウグスティーナ・ラフマノビッチさん(61)は「被害者にとって拷問は今も続いている」と語る。 数カ月前に同団体を初めて訪れた女性は、ボスニャク(イスラム教徒系)市民ら多数がセルビア人勢力に虐殺されたスレブレニツァ近郊で性暴力を受けた。現場にいた母だけが知り、夫と2人の子には隠し続けていた。 被害を口に出さぬよう諭し、女性を支えていた母親が2年前に死去。次第に精神が不安定化し混乱状態で2回目に病院に担ぎ込まれた際に女性は被害を打ち明け、同団体のカウンセリングを受けに来た。「当時の光景が焼き付いて離れない」。そう話していたという。 約3年半の内戦中、主にボスニャク女性推定2万~5万人が性被害に遭った。だが、公的支援金への登録は約900人にすぎない。 「性被害は恥で、夫の名誉を傷つけ捨てられる。家族と地域の恥辱となり、全てが破壊される」とラフマノビッチさん。被害女性らは男性優位のボスニアの社会で蔑視や孤立などを恐れ沈黙を強いられてきたと指摘、「女性を殺すのに弾丸は要らない。男(家族)のいない女は人と見なしてもらえず」、自滅してしまうと話した。. こうした飛び地が、真っ先に民族浄化の標的になったことはいうまでもない。 スレブレニツァも、セルビア人地域にあるボスニア人の主要な. ボスニアは世界を揺るがす大事件の舞台となったのですが、ご存じでしょうか? 20世紀初頭、当時ボスニアはオスマン帝国の支配下にありましたが、衰退していくオスマン帝国からオーストリアがこの地を奪い取ります。 ボスニアを自分のものにしたかったセルビアはとても怒りました。 「ボスニアをセルビアのものにすればかつての栄光、大セルビア王国を復活できたのに!」 この怒りがあの大戦争の引き金を引く事件へと繋がっていきます。. 私がサライェボに着く数日前、各地で反政府デモが起こっていたそうなのですが、それとおぼしきデモ現場に遭遇しました。 民族 浄化 ボスニア まだ準備中だったからか、それほどものものしい雰囲気ではありませんでした。 ボスニアでは内戦で受けた打撃から立ち直れたわけではありません。 いまだに失業率は高く、経済状態は最悪とのこと。. See full list on this. 国家:ユーゴスラビア 2.

クロアチア紛争の余波がボスニアにおよびだすと、ブルダニンらsds(セルビア勢力)指導者は、 積極的に社会不安を作り出し「民族浄化」を煽ることに血道をあげた。 彼らがしたことは、まず、無法者を野に放って治安を悪化させることであった。. 「民族浄化」は、1990年代に内戦中の旧ユーゴスラビア地域のメディアに頻繁に使用されたクロアチア語、ボスニア語およびセルビア語の「 етничко чишћење / 民族 浄化 ボスニア etničko čišćenje (エトニチュコ・シスチェーニェ)を翻訳したもので、ボスニア紛争を契機に. 民族浄化とは、異民族を排除し自民族の勢力を拡大することを言うが、その民族浄化の名の元に様々なことが行われる。 資産の強制接収や略奪、強制追放や強制収容、見せしめの殺人や強姦、大量虐殺と言われるようなことまである。.

ボスニア・ヘルツェゴビナは別名「ユーゴスラヴィアの縮図」と呼ばれています。 第1回 東欧旅行記①:セルビアの歴史 でも触れたのですが、 ユーゴスラヴィアの多様さを表すかぞえ歌がありました。 ユーゴスラヴィアは複数の全く異なる国々が集まった連合国家であったためにこのように表されていました。 しかし、このような状態をたった一カ国だけで体現してしまう、そんな国がこのボスニア・ヘルツェゴビナなのです。 赤く囲まれているのがボスニア・ヘルツェゴビナ。 これはバルカン諸国の民族分布図なのですが、見て分かるとおり、ボスニア・ヘルツェゴビナでは黄色(セルビア人)と緑(ボスニア人[イスラム教が多い])とピンク(クロアチア人)が混在し、しかもだいたい同じくらいの面積を占めています。 このように多民族国家となっているボスニア・ヘルツェゴビナ。 当然ながらそれぞれの民族で信仰している宗教も異なってきます。 首都サライェボでは一つの町どころか、通りを挟んで向かい合ってキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の建物が建っていました。 ▼キリスト教会 ▼イスラームモスク ▼ユダヤ・シナゴーグ. See full list on unusual-web. 余計分かりづらかったらスイマセン。. 民族であったが、その民族間の関係については「そ れぞれの民族集団は日常生活においてお互いに寛 容」i、あるいは「ボスニア・ヘルツェゴヴィナにお ける、ムスリム人・セルビア人・クロアチア人はき わめて近い存在であったし、歴史を振り返っても宗. See full list on hitopedia. まず、この紛争と地域でもっとも重要な民族名と宗教の話から始めましょう。 ・セルビア人=東方正教会信者 ・ボシュニャク人=イスラム教徒 ・クロアチア人=カトリック教徒 「信者」と「教徒」の使い分けに特に意味はありません。 「東方正教会教徒」だと個人的に字面が落ち着かないだけです(キリッ) また、クロアチアやセルビアという国もあるのでややこしいのですが、「外国に引っ越したとき、国籍を変えたとしても民族が変わるわけではないのと同じ」と考えていただくと何となくつかめるかと思います。 さて、それでは本題に移りましょう。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナを含むバルカン半島は、比較的小規模な山脈が点在するという地形から、多数の民族が個々に暮らしていた地域です。 ギリシア文明の時代から、混血や改宗で他民族に馴染んでいった人もいれば、他民族に攻められて山奥に逃げていった人たちもいました。 オスマン帝国時代、ボスニア・ヘルツェゴヴィナを含むバルカン半島全域は帝国の支配下に置かれます。 オスマン帝国はイスラム教の国ですが、強制改宗などはさせず、「税金さえ払えばどの宗教でも別にいいよ」という政策を取っていました。もちろん、改宗してもおkでした。他宗教→イスラム教への改宗だけでなく、その逆も認められていましたし、他の国から迫害された宗教の信者も受け入れています。 しかし、徴税等の都合から民族や宗教ごとにグループを作って管理していたため、グループ間の理解が進まず時代が下ることになりました。 余談ですが、最近「オスマントルコ」という呼び方をしなくなったのは、こういった事情で「トルコ人だけの国ではないから」という理由だそうで。スルタンがトルコ人だったのは事実ですけどね。. またクロアチア人や「ムスリム」から編成された特殊部隊が農村部でセルビア人の大量虐殺を行ない、これがボスニア史上初の「民族浄化」とさ. ボスニア・ヘルツェゴビナの独立が、スロベニアやマケドニアなど他の共和国のようにうまくいかなかった一番の理由は、 国内に主な三民族(ボスニア人、セルビア人、クロアチア人)がかなり入り混じって居住していた ためでしょう。.

。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ”共和国”としてサッカーチームが出場するときは、各民族関係なく構成されていることもあるようですので、これをお手本に融和を図っていってもらいたいものです。 長月 七紀・記 【参考】 『図説 バルカンの歴史 (ふくろうの本)』(→amazon) デイトン合意/wikipedia ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争/wikipedia ボスニア・ヘルツェゴビナ/wikipedia ユーゴスラビア/wikipedia. 7つの国境:イタリア、オーストリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア 8. 旧ユーゴの内戦での悲惨さ、むごさを教えて下さい。民族浄化とはどんな物だったのしょうか・・ 旧ユーゴスラビアには以下の国家が有りました。1.セルビア共和国(セルビア人・セルビア正教)2.ボスニア。ヘルツェゴビナ共和国(ボスニア人・イスラム教スンニ派)3.クロアチア共和国.

さて、オスマン帝国の衰退後、バルカン半島は地域ごとに異なる道を歩み始めます。 ギリシャのように独立する国もあれば、他の国に併合された地域もありました。ボスニア・ヘルツェゴヴィナは、オーストリア=ハンガリー帝国の支配下に置かれています。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナに住む民族の一つ、セルビア人がこれに反感を持ち、サラエヴォ事件と第一次世界大戦が起きたのは有名な話ですね。 第二次世界大戦時は、ナチスドイツの傀儡国家・クロアチア独立国がボスニア・ヘルツェゴヴィナの大部分を支配しました。 このとき、クロアチア人の過激な民族主義組織・ウスタシャにより、セルビア人・ユダヤ人・ロマ(ジプシー)などが虐殺されています。これに対抗するため、セルビア人の民族主義者チェトニクらによって、クロアチア人やボシュニャク人が虐殺されました。 つまり、お互いに民族浄化を繰り返していたのです。 これがボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争で互いの民族に対する虐殺の”正当な”理由ともなりました。仇の仇の仇. 民族浄化(みんぞくじょうか、クロアチア語・ボスニア語・セルビア語: етничко чишћење / etničko čišćenje 、英語: ethnic cleansing )は、ユーゴスラビア(5つの民族、4つの言語、3つの宗教を持つ)のような多民族国家 において、ユーゴ内のある民族集団を強制的にその地域から殺害などに. ボスニア・ヘルツェゴヴィナを含む「ユーゴスラビア」という連邦国家ができたのは1946年のこと。 ボシュニャク人という民族名が使われ始めたのは1974年でした。 彼ら自身は「ボスニア人」と名乗りたかったそうなのですが、多民族が混在する中で、特定の一民族だけが地域名を名乗ることは争いのもとになる、との判断から、このような名称になったとか。 ここからしばらくの間、ユーゴスラビアの中で他民族との結婚なども進み、平和な時代が続きました。1953年~1980年までユーゴスラビアの大統領を務めたチトーという人の力によるものです。 チトーは第二次世界大戦時に反独パルチザンのリーダーだった人物で、冷戦時代もソ連の影響を受けずに社会主義国家を作りました。 実際、社会主義としては異例なほどの言論の自由を保証していて、チトーの批判も許されていました。 秘密警察はあったが、これは民族主義「を」取り締まるためのもので、多民族国家をまとめ上げるためでした。そうでもないと、多民族国家を収めることはできなかったのです。 ちなみに、スターリンによるチトー暗殺も秘密警察が防いでいたとか。有能すぎ。 しかし、このチトーが1980年に亡くなったことにより、ユーゴスラビアの平和が揺らぎ始めます。各地で独立運動や民族間の対立が起こり、ユーゴスラビア紛争と呼ばれるこの地域全体の紛争となります。 具体的には、チトーの死後、1991年にユーゴスラビアの中にあった国に民族主義者のリーダーが現れ、ユーゴスラビアからの独立を図ったことが引き金です。. 民族:セルビア人、クロアチア人、スロベニア人、モンテネグロ人、マケドニア人他20以上 5. セックスで金を得ている―。肉親を失うなど内戦の被害に遭った女性たちすら、公的支援金を得ている性暴力被害者に暴言を浴びせることがあるという。フシッチさんは「自らの被害を語ることが、回復に向けた大きなステップになる」と指摘、被害女性が孤立を恐れず体験を語り、感情を吐き出せる環境を作ることが重要と説明した。 ボスニアの被害者に対する国際社会の支援が活発化する兆しは、これまでのところないといい、資金繰りが楽ではない支援活動に平和賞の追い風は吹かないままだ。 だが、ラフマノビッチさんは「被害者のトラウマが消えることはない。でも、対処しながら生活ができるようになる」と断言。自らも内戦の国内避難民だったフシッチさんも「女性らは苦難を乗り越え、人生を取り戻せる」と、支援に力を尽くしていく考えを示した。 ◎ボスニア内戦 ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦 旧ユーゴスラビアの分裂崩壊が進む中、クロアチア系、セルビア系、ボスニャク(イスラム教徒系)の主要3民族が混在するボスニア・ヘルツェゴビナも1992年に内戦に陥った。各民族は支配下に置いた地域から他民族を根絶する「民族浄化」と呼ばれる凄惨な戦いを展開。無法地帯での個人的犯罪のほか、セルビア人勢力は、敵対民族に恐怖を植え付け地域社会や家族など共同体を崩壊させる目的で性暴力を組織的に行ったとして特に強く批判された。内戦終結後のボスニアは、クロアチア系とボスニャクでつくる「ボスニア連邦」と「セルビア共和国」の二つの国家内国家に分かれるなど、内戦時の民族対立の構図が残っている。(サラエボ共同). ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争は、各交戦勢力が各々の民族の勢力圏を拡大することを目的としており、「陣取り合戦」の様相を呈していた。 このような中で、支配地域から不安要因を取り除く目的で、自勢力の支配下に住む異民族を排除し、勢力圏を民族. 内戦中の戦争犯罪を裁いた旧ユーゴ国際戦犯法廷は、ボスニャク女性らを「収容所」に監禁し性的暴行を加えた罪でセルビア人勢力の指揮官らを有罪とした。性暴力を人道に対する罪として処断する歴史的な法判断を示し、再発の抑止力を強めたとも言われた。 だが、ボスニャク女性らが妊娠するまで暴行、堕胎困難になる時期まで監禁したとされる「収容所」の一つ、東部ビシェグラードのホテルは当時と名称を変えないまま、今も営業を継続している。非人道行為の舞台となった建物内では温泉施設用とみられるバスローブ姿の男女が行き来し、カフェには談笑が響く。 ボスニアでは今年の平和賞はあまり話題にならないという。中部ゼニツァの被害者支援団体「メディカゼニツァ」のサビハ・フシッチ代表(47)は、現地の高校、大学生らのほとんどが、内戦中に起きた性暴力を知らないと指摘した。「習うのはスレブレニツァの虐殺だけで、同じ場所で起きた女性への性暴力は言及されない」.

1990年代に、ボスニアとルワンダで進行中の残虐行為に「民族浄化」という用語が適用されました。 米国およびその他の国連安全保障理事会のメンバーによる説明としての承認は、国際法の下での介入を必要とするこれらの行為を「ジェノサイド」と呼ぶ. その頃までに彼女たちムスリムは、セルビア人による「民族浄化」によって村を追われてい. 民族のモザイクといわれるユーゴであっても、それほど異なる民族が入り組んでいるわけではなく、 共和国の民族構成比率は、ボスニアを除けば、一つの民族で過半数が取れる状態にあった。.

民族浄化 詳細は「 民族浄化 」を参照 民族 浄化 ボスニア ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争は、各交戦勢力が各々の民族の勢力圏を拡大することを目的としており、「陣取り合戦」の様相を呈していた。. ボスニア大統領にイスラム系住民が迫害を受け、難民になっている情報が入ります。ルーダーフィン社は「民族浄化」という言葉を考案し、世論. ボスニアの民族対立は様々な場面に飛び火します。 当時ボスニアのサッカー協会はセルビア人、クロアチア人、ボスニア人の3人の会長が存在する異例の状態にありました。 国際サッカー連盟(FIFA)は年ワールドカップの予選を前に、このボスニアサッカー協会に対して、「協会が1つに統一されない限り、国際大会への出場を認めない」という通達を出します。 そこで、協会統一のために白羽の矢が立てられたのが、かつて日本代表監督も務めたボスニア人のオシムさんです。 オシムは1990年のワールドカップでユーゴスラビア代表監督を務めましたが、92年にボスニア内戦が始まると、涙を流してこれに抗議し、代表監督を辞任していました。 ちなみにこの時の1990年ワールドカップでは準々決勝でPK戦にもつれ込んだ際、オシムが選手に「蹴りたいものは?」と聞いても、志願したのは2人だけ。 失敗したときの多民族からの攻撃に恐怖し、選手達の精神状態は尋常ではなかったそうです。 そんなオシムが各民族の民族主義者たちを説得し、ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会を1つにすることに成功します。 ワールドカップ予選に出場できたボスニア・ヘルツェゴビナ代表は快進撃を続け、年ワールドカップに初出場を果たしました。 このチームには各民族の選手達がいますが、それでも協力し合い、国の歴史に大きな1歩を刻みました。 サッカーがボスニア・ヘルツェゴビナの平和へのきっかけになってくれれば良いなと思います。. 民族浄化(ethnic cleansing)について 一一ボスニア内戦を念頭に一一 月村太郎* はじめにーボスニア内戦と民族浄化 ボスニア内戦は1992年春に始まり,1995年11 月のデイトン合意(「ボスニ アにおける和平合意に向けた一般的枠組みJ)締結をもって終了した1。こ.

ボスニア・ヘルツェゴヴィナでは、ボシュニャク人とクロアチア人たちが「俺らも独立しよう」と考えました。 しかし、セルビア人はボスニア・ヘルツェゴヴィナからの独立に反対し、自分たちのシマ(自治区)を作って抵抗します。 この緊迫した状況の中、1992年にボスニア・ヘルツェゴヴィナ政府は独立に関する住民投票を行います。セルビア人がボイコットしたにもかかわらず、政府は強引に独立を決めてしまいました。 そしてEC(EUの前身)によってボスニア・ヘルツェゴヴィナの独立は認められたものの、セルビア人達は軍事行動を開始。「ボスニア・ヘルツェゴヴィナからセルビア人は独立する」として、スルプスカ共和国という国を宣言します。 本格的にややこしくなってきましたが、こんな感じでとらえるとわかりやすくなるでしょうか↓ ・本のタイトル(ユーゴスラビア紛争) ・章のタイトル(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争) ・小見出し(スルプスカ共和国独立宣言、以降の紛争の経過). 語源 「民族浄化」は、1990年代に内戦中の旧ユーゴスラビア地域のメディアに頻繁に使用されたクロアチア語、ボスニア語およびセルビア語の「 етничко чишћење / etničko čišćenje (エトニチュコ・シスチェーニェ)を翻訳したもので、ボスニア紛争を契機にして1992年頃から世界の主要. ∗『ボスニアでおきたこと「民族浄化」の現場から』伊藤芳明(岩波書店 1996年) ∗『ドキュメント戦争広告代理店(情報操作とボスニア紛争)』高木徹(講談 社年) ∗『改訂版図解世界の紛争がよくわかる本』東京書籍(毎日新聞社外 信部年). 文字:ラテン文字とキリル文字 3. 「民族浄化」を裁くー旧ユーゴ戦犯法廷の現場ー多谷千香子 また紛争が起きること間違いない旧ユーゴ地域高等検察庁の検察官の著者が、ハーグにある旧ユーゴ戦犯法廷(icty)の判事に抜擢された。.



Phone:(876) 267-1133 x 3134

Email: info@hkas.i-zooom.ru